一般社団法人 人材キャリア開発機構 とは

人材キャリア開発機構について

一般社団法人 人材キャリア開発機構(略称:PCDO)は、時代に適したキャリアの選択を支援して、自律的にキャリアを築き上げられる個人の活躍を通じて、社会の発展を目指す団体です。

私たちは、自分への投資を怠らず、理想とするキャリアを実現するために能力を高めている個人と、キャリア開発の機会を提供する組織が集まる「プラットフォーム」として、社会に価値を提供するための活動を展開します。

 

基本理念

主体的な個人の活躍を支援する環境をつくり、

多様なキャリアを選択できる社会を実現する。

代表理事よりご挨拶

一般社団法人 人材キャリア開発機構は、これから社会へ出る若者や、すでに社会の第一線で活躍している社会人に 向けて、継続的なキャリア開発の機会を提供するために設立されました。

私たちは、当法人が立ち上がる以前から、大学生や社会人に対して、主体的なキャリア設計を行い、自立した人生を歩むことができるような、個人の育成をしてきました。具体的には、就職活動を控えている大学生、企業にお勤めの方、会社経営者や個人事業主・フリーランスの方々など、それぞれの道で積極的なキャリア形成をすることができるように、サポートをしておりました。

その中で、人それぞれの多様なキャリアに接することができました。

人それぞれ歩むキャリアは違えども、自立した人生を形成するための、ある課題に気がつきました。 それは、キャリア開発には一定期間の継続したサポートが欠かせないということです。新しいことを学び、チャレンジ するときには、本人の気持ちだけではなく、その人を支える他者や環境の存在が欠かせないのです。

そのような理由から、今後新しいことにチャレンジしたい人や、自身の人生のためにキャリアアップをしたい人などに、継続したキャリア開発の支援をするために、「一般社団法人 人材キャリア開発機構」を設立いたしました。

これまでに私たちに関わってくださった方々には、自分の人生に積極的に向き合えるようになったという方や、仕事 での大きな成果に結びついた方、夢のために独立を果たした方など、様々な成果を手にして、ご自身のキャリアを歩 んでいる方がたくさんいます。

今後も当法人を通じて、自分の人生に主体的に向き合い、自身のキャリアを作り上げていく方々が、お互いに支えあ いながら、共に良い人生に向かっていけるような環境を提供していきます。

代表理事 石川雄三

名前に込めた想い

私たちは、「人」「キャリア」「開発」を目的とした活動を展開しています。

  開発とは

開発とは、それまで自覚していなかったものが自覚されるようになる、

心の成長を意味します。

何かに一心に向き合い何かに一心に向き合い「経験」をする支援をします。

  キャリアとは

個人のキャリアは、「仕事を通じて築かれる経験・経歴」だけではなく、

​「個人の人生におけるあり方・考え方」も意味します。

活動理念

時代や産業の大きな変化の中、その中で生きる個人には時代に応じた、キャリアのアップデートが求められています。どのような環境下でも、自らの能力を最大限に発揮できる人材の創出を目指しています。

1.高付加価値を生む人材の創出

​「人生100年時代」の到来によって、個人の働き方や社会参加への在り方は変化しました。多様な働き方や価値観がある現代において、個人の主体性に根ざした自律的なキャリア開発の機会を積極的に創り出します。

2.多様な働き方の支援

付加価値の源泉が「人材」へと移行する一方で、「人手不足」に直面しています。私たちは、高付加価値の創出する人材が、各地で活躍するプラットフォームとしての役割を果たすことで、日本経済の活性化の一役を担います。

3.地域経済の活性化

事業目的

私たちは、労働環境の変化に伴う、個人のキャリアの多様化を支援するために、個人の能力の研究開発・研修等の事業を展開しています。キャリアアップの機会提供を通じて、個人の豊かな人生と社会の発展に寄与することを目的に活動をいたします。

キャリア選択の支援

キャリア教育のプログラム開発

キャリアに関連する情報・サービスの提供